S-wander

広告代理店SEが考える成果を出すためのウェブ制作メモ

Google Analytics でアクセス解析できるQRコードの作成方法

      2016/06/12

うちの会社は仕事で出版業もやっているので、よく出版物とWEBを絡めた企画でQRコードを作らせられることが多い。

そこでWEBへ誘導するためのQRコード作成についてのメモ。

1.URLの決定

まずはQRコード化するURLを決めましょう。話はそれからです。

2.URLパラメータの付与

後でグーグルアナリティクスで解析できるようにURLにトラッキングパラメーターを付ける。自分はわかりやすいように ?frm=qr とか、もしくはどの媒体に載せたQRコードから来たか分かるように雑誌なら?qr=magazine とか付けます。
例)s-wander.com?frm=qr

3.URL短縮

QRコードは情報量が多ければ多いほど複雑になり、画像のサイズも大きくなります。掲載する紙面の枠に限りがある場合は、できるだけQRコードを単純化するためにURLを短縮しましょう。

短縮URLサービスはいろいろあるので好きなサービスを使って良い気もしますが、気を付けることがあります。短縮URLをQR化し紙面に載せて無事印刷発行までしたとしても、短縮URL自体に有効期限が付いていたり、そもそも短縮サービスサイトが廃止になったりしたら、そのサイトで作った短縮URLも無効になります。

そういったことを考えると、個人的に google URL shortner が一番信頼できると思ってます。しかも簡単なトラッキングもしてくれますし。

google shortnerによる解析結果Google shortnerによる解析。当たり前だがモバイル端末からのアクセスしかない。

4.QRコード作成

「どうやって作るの?」と思うかもしれませんが、簡単です。WEB上でQRコードを無料で作ってくれるサービスがいっぱいあります。QRコード自体には有効期限とかサイトによる差異はないので、好きなところを使ってください。自分はいつも cman(シーマン) を使っています。
作る際の注意点として、

  • QRコードは最少でも1cm角の大きさを確保しておく。プリンタの精度、印刷紙の質、読み取るスマホのカメラ性能にもよりますが、1cm四方あれば今どきのスマホであれば大抵読み取れます。逆にこれより小さいと読み取りが安定しないです。
  • これはデザイン的な話ですが、QRコードを複数載せる時は並べて配置しないで、離して載せること。QRコード同士を近くに配置すると読み取るときに、意図しない方を読み取ってしまいます。デザイナーさんにそのことをきちんと伝えておきましょう。

できあがったものは必ず読み取れるか確認しましょう。

5.QRコードからのアクセスをGoogle Analyticsで解析

Google Analytics のレポート画面で、
行動→サイトコンテンツ→ランディングページ で2.で設定したパラメータを検索しましょう。
QRコードからのアクセス数がすぐ分かります。

解析

 

Google Analytics の詳しい設定や使い方は、この本が分かりやすく、内容も充実してるのでオススメです。

難しい用語も分かりやすく説明してあるので、ウェブ制作関係の人だけでなく、企業のウェブ担当者も読んでおくと良いと思います。

 - ブログ

  関連記事

Basic認証をURL化して、スマホでのパスワード入力を省略する方法

WEB制作をしていると、最近はパソコンだけでなくスマホでも確認しなくてはならない …

WEB制作にもつかえるバージョン管理ツール

バージョン管理のすすめ バージョン管理とは、コンピュータ上で作成、編集されるファ …

シェル
シェルとCronを使って簡単自動バックアップ

万が一の時のことを考えてサイトのバックアップは定期的に取らなくてはならないですよ …

Cake PHP をインストールする方法

Cake PHPを入手する まずは Cake phpをダウンロードします。 Ca …

画像にbnrやbannerといったクラスやファイル名を付けるのは注意

ホームページを作るときにバナー設置スペースや、バナー画像に対してよくクラス名もし …