S-wander

広告代理店SEが考える成果を出すためのウェブ制作メモ

Xoopsサイトのサーバー引っ越し

      2016/06/12

Xoopsで作られた社内サイトがある日突然閲覧できなくなった。

どうやらレンタルサーバーがぶっ壊れたらしく、復旧に時間がかかる模様。

このレンタルサーバーもかなり古く、PHPもいまだにバージョン4。もちろんWordpress非対応。

なので、これを機にサーバーお引越し。
将来的にはWordpressを使ってサイトリニューアルするのだが、

まずは現在のサイトを動かすこと。

とは、言ってもXoopsでサイトなんて構築したことないから、
どうやって移行したら良いのやら…

と、思ったら案外簡単。以下に手順のメモを残します。

    1. FTPでファイルを移動。

      FTPで前のサーバーからpublic_html以下のファイルをまとめダウンロード。
      このとき 「xoops_trust_path」というディレクトリだけ
      publichtmlの外にあったので、これも忘れずにダウンロードしておく。

    2. データベースのエクスポート

      phpMyAdminでデータベースをまるごとエクスポート。

    3. mainfile.php を修正

      新しい環境に合わせて、ファイルパス、データベース情報などを書き換える。

    4. ファイルのアップロード

      新しいサーバーへファイルをまとめてアップロード!

      「xoops_trust_path」も任意の場所へアップ!

    5. データベースのインポート

      phpMyAdminでさっきエクスポートしたSQLをインポートする。

      SQLのボリュームが大きすぎると途中でエラーになるので、

      不要なログの記録とかは削除。これで100MB以上あったSQLファイルが3MBまで減った。

    6. PHPエラー出力の抑止

      これで引っ越し完了!

      と思ったら、PHPエラーがでまくり。

      どうやらPHP5.3以上では非推奨の関数が使われてるせいで、

      新しいサーバーではエラーとなるらしい。

      なので、php.ini で

      error_reporting = E_ALL & ~E_DEPRECATED

      としてやれば、エラーはなくなる。

これでサイトの引っ越しは無事完了。

Xoops管理画面であれこれ設定する必要は全然なかったから初心者でも簡単だった。

 - WEB ,

  関連記事

Basic認証をURL化して、スマホでのパスワード入力を省略する方法

WEB制作をしていると、最近はパソコンだけでなくスマホでも確認しなくてはならない …

WEB制作にもつかえるバージョン管理ツール

バージョン管理のすすめ バージョン管理とは、コンピュータ上で作成、編集されるファ …

WEBデザイナーを目指す人に知ってもらいたい WEBデザインの5W1H

これからWEBデザイナーを目指したい、またはWEBデザインを勉強中の人たちに向け …

SourceTreeとBitbucketを使ってWordPressテーマをバージョン管理

できるコーダーはバージョン管理をしよう WordPressでサイトを制作するとき …

画像にbnrやbannerといったクラスやファイル名を付けるのは注意

ホームページを作るときにバナー設置スペースや、バナー画像に対してよくクラス名もし …

シェル
シェルとCronを使って簡単自動バックアップ

万が一の時のことを考えてサイトのバックアップは定期的に取らなくてはならないですよ …

no image
WordPressサイトのRSSを自分のブログへ表示する方法

RSSを表示したい箇所に以下のコードを挿入。 <?php $RSSpath …

ショートコードが表示される
記事を抜粋表示したらショートコードまで表示されてしまった [WordPress]

[gallery ids=”10001″&#0 …

no image
Instagramの写真をRSSでギャラリー表示する方法

最近巷で流行っているInstagram。 Instagramって何?っていうのは …

no image
ハッシュタグを指定してInstagramの写真をブログに表示する。

WordPressサイトのRSSを自分のブログへ表示する方法を応用して、 特定の …